CA Datacom/AD:DDTRSLMの実⾏でリターン・コード4061が返りました

book

Article ID: 141642

calendar_today

Updated On:

Products

CA Datacom - AD

Issue/Introduction

新しく作成したCAIENFデータベースにENF PLANをインポートするため、DDTRSLMユーティリティを実行(※)すると、つぎのリターン・コードが返りました。
リターン・コード4061が返る理由、および対処方法を教えてください。

IEF142I CAINSTAL IMPORT - STEP WAS EXECUTED - COND CODE 4061
(※)この実行JCLは、CA Common Services(以下、CCS)の導入JCLライブラリ(Prefix.CAW0JCL)内にあるAW1IMPRTメンバを使用します。

Environment

OS: z/OS

Resolution

CCSのロード・ライブラリにC Runtimeコンポーネントがインストールされていないと、DDTRSLMユーティリティ実行時にリターン・コード4061を返します。

対処方法としては、CCSの導入環境にC Runtimeコンポーネント(FMID:CAF3E00)を追加インストールすることで、Prefix.CCCSLINKライブラリにC Runtime関連のロード・モジュールを生成します。
つぎに、Prefix.CCCSLINKライブラリをLINKLISTへ登録後、再度、DDTRSLMユーティリティを実行してください。