CA Datacom/AD:MUFを起動した時、DBリターン・コード60(146)で失敗しました

book

Article ID: 141635

calendar_today

Updated On:

Products

CA DATACOM - AD

Issue/Introduction

MUFを起動したとき、DBリターン・コード60(146)でのエラー・メッセージが出力されました。
どのような対処をすればよいですか?

 DB02405I - PXX START 0 60(146) OPEN -0- D-1
 DB02406I - PXX END - INVALID LOG CONTROL BLOCK
 DB00501E - OPEN ERROR - RETURN CODE 60 (146) CXX=cxxname (LXX )

Environment

OS: z/OS

Resolution

DBリターン・コード60(146)のエラーは、MUFがLXX(ログファイル)をOPENしたときに、ログ制御情報に問題があり中断されたことを意味します。
この原因としては、以下、いずれかの可能性が考えられます。
・ LXXのファイルのアロケートはしたが、初期化をしていなかった。
・ LXXを最後に使用したユーザのジョブが正常に終了していなかった。
・ MUFの起動プロシジャで間違ったLXXを使用していた。

正しいLXXを使用している場合、この問題を修正するためには、LXXを初期化するジョブを実行する必要があります。以下の各リリース毎のJCLサンプルをご覧ください。
【実行JCL】
● r12.0の場合
//UTIL    EXEC PGM=DBUTLTY,REGION=4M
//STEPLIB  DD DISP=SHR,DSN=your datacom r12.CUSLIB
//         DD DISP=SHR,DSN=your datacom r12.CAAXLOAD
//LXX      DD DISP=SHR,DSN=your datacom r12.LXX
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//SYSOUT   DD SYSOUT=*
//SYSPUNCH DD DUMMY
//SYSIN          DD *
INIT AREA=LXX,BLKSIZE=32760,VARIABLE=YES
/*
● v14.0・v15.xの場合
//UTIL    EXEC PGM=DBUTLTY,REGION=6M,PARM='/PGMMONTH=1'
//STEPLIB  DD DISP=SHR,DSN=your datacom v14.CUSLIB
//         DD DISP=SHR,DSN=your datacom v14.CAAXLOAD
//LXX      DD DISP=SHR,DSN=your datacom v14.LXX
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//SYSOUT   DD SYSOUT=*
//SYSPUNCH DD DUMMY
//SYSIN          DD *
INIT AREA=LXX,BLKSIZE=32760,TSN=00000001,VARIABLE=YES
/*