CA Datacom/AD:EAV(Extended Address Volumes:拡張アドレスボリューム)をサポートしますか?

book

Article ID: 141628

calendar_today

Updated On:

Products

CA DATACOM - AD

Issue/Introduction

CA Datacom/AD v14.0は、EAV(Extended Address Volumes:拡張アドレスボリューム)をサポートしますか?

Environment

OS: z/OS

Resolution

z/OS 1.12以降の環境において、CA Datacom/AD v14.0は、65,520シリンダーを上回る大容量のディスク・ボリュームであるEAV(モデル・タイプは、3390 Model-A)をサポートします。
以下のCA Datacom/ADを構成するファイルのデータセットについて、65,520シリンダー境界を越えたEAV上に配置する場合は、EATTR属性を設定して各データ セットを割り当ててください。

<CA Datacom/ADを構成するファイル>
制御ファイル(CXX)
ロギング・ファイル(LXX)とフォース・エリア(FXX)
全てのインデックス・ファイル
全てのデータ・エリア