CA Datacom/AD:CXX(ディレクトリィファイル)をバージョン14.0からリリース11.0へフォールバックすると、DB10047Eエラーで失敗しました

book

Article ID: 141622

calendar_today

Updated On:

Products

CA DATACOM - AD

Issue/Introduction

CA Datacom/AD r11.0からv14.0へのバージョンアップを行いました。
その後、CXX(ディレクトリィファイル)をアップグレード前のCA Datacom/AD r11.0へフォールバックするためのDBUTLTYジョブを実行すると、つぎのエラー・メッセージが出力されました。
どのような対処をすればよいですか?

 *****- ERROR -***** DDNAME=DBCXXBK DB10047E - NOT ALLOWED BECAUSE - OPTION
 *****- ERROR -***** OPTION=CONVERT1 DB10004E - KEYWORD VALUE TOO LONG

Environment

OS: z/OS

Resolution

CXX(ディレクトリィファイル)の保守、更新を行うCXXMAINT機能において、CA Datacom r12.0以降から CONVERTオプションのキーワードには、以下のCA Datacom/ADのリリース・バージョン(v1およびv2)を指定したコマンド・フォーマットとなりました。
(CA Datacom/AD r11.0以前)OPTION=CONVERT
(CA Datacom/AD r12.0以降)OPTION=CONVERTv1v2

DBUTLTYジョブを実行したロードライブラリが、CONVERTオプションのキーワードのコマンド・フォーマットをサポートしないリリース・バージョンにて実行されたので、このエラーメッセージが出力されました。
フォールバックを実行する際には、以下のDBUTLTYのJCLにおいて、DD名STEPLIBにはアップグレード後のリリースバージョンのロードライブラリ(今回の質問からは、CA Datacom v14.0のロードライブラリ)を指定して実行してください。

【実行JCL】
//DB14CNV EXEC PGM=DBUTLTY,REGION=6M,PARM='/PGMMONTH=1'
//STEPLIB  DD DISP=SHR,DSN=your.cai.datacom.CUSLIB
//         DD DISP=SHR,DSN=your datacom.CAAXLOAD
//CXX      DD DISP=SHR,DSN=your datacom.CXX
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//DBCXXBK  DD DISP=(OLD,KEEP,KEEP),
//         DSN=your datacom.CXXCNVT.BACKUP
//SYSIN    DD *
CXXMAINT OPTION=CONVERT1411,DDNAME=DBCXXBK
/*
//