CA Datacom/AD:DBSIDPRモジュールをアセンブルをすると、リターン・コードが12で失敗しました

book

Article ID: 141617

calendar_today

Updated On:

Products

CA Datacom - AD

Issue/Introduction

CA Datacom/AD r14.0のインストールで、DBSIDPRモジュールを生成するジョブ(ACCUS01)にてアセンブルをすると、リターン・コードが12で返され、アセンブル結果のログには以下のメッセージを出力していました。
なお、DBSYSIDマクロの定義でDSN_***=パラメータには、「SYS1.DATACOM.V14R00.MYMUF.CXX」のデータセットを指定して、DBSIDPRモジュールのアセンブルをしました。

 ** ASMA254I *** MNOTE ***  3+  4,DSN_*** MUST INCLUDE '???'
 ** ASMA254I *** MNOTE ***  5+  12,ERRORS ENCOUNTERED;
                  SYSID MODULE NOT GENERATED

Environment

OS: z/OS

Resolution

CA Datacom/AD r14.0から提供のSIMPLIFY機能を使用すると、MUF起動プロシージャのJCL上にてCA Datacom/ADのシステムファイル(CXX、LXX AFXX)のデータセットを指定せずに、SIMPLIFYモードでMUFを起動させること
ができ、間違ったシステムファイル(CXX、LXX、FXX)が使用をされないようにデータセットを保護します。

以下のDBSYSIDマクロの定義にて、SIMPLIFY_MODE=パラメータで「YES」を指定すると、SIMPLIFY機能は有効になります。
DSN_***=パラメータには、システムファイル(CXX、LXX、FXX)をダイナミックに割り当てるために使われるデータセットのプレフィックス名を指定し、”???”の文字ストリングは変更しないでください。
MUFは、DBSIDPRモジュールでのDSN_***=パラメータの設定に基づき、”???”をシステムファイル(CXX、LXX、FXX)のデータセット名に置換え、ダイナミックに割り当てることができます。

今回のアセンブル・エラーを解決するには、DSN_***=パラメータに「SYS1.DATACOM.V14R00.MYMUF.???」を指定してください。以下はダイナミックに割り当てられるデータセットです。
SYS1.DATACOM.V14R00.MYMUF.CXX
SYS1.DATACOM.V14R00.MYMUF.LXX
SYS1.DATACOM.V14R00.MYMUF.FXX

【DBSYSIDマクロの定義】
TITLE 'DATACOM/DB - DBSIDPR FOR INDIVIDUAL LOGICAL MUF'
DBSYSID                                 X
   SIMPLIFY_MODE=YES,                                          X
   CXXNAME=CXX^NAME,   NAME OF THE CXX               X
   DSN_***=CAI.NEWHLQ.CXX^NAME.???,                     X
   FORCE_DSN_CXXNAME=NO,  YES OR NO                  X
   CONSOLE_MINUTES=2, TIME BETWEEN AUTOMATIC STATUS CMDS     X
   DELAY68=2,                           X
   DELAY85=1,                           X
   DELAY_DBUTLTY_SECURITY=NO,  EXTERNAL SECURE YES/NO        X
   TARGET_MUF_LIST=(CXX^NAME),                   X
   CONNECT_ALLOW_PRIORITY=(LOCAL)
END