CA Datacom/AD:異なるリリースを導⼊したMUF環境にSVCとPCの各ルーチンをロードする設定⽅法について教えてください

book

Article ID: 141610

calendar_today

Updated On:

Products

CA Datacom - AD

Issue/Introduction

CA Datacom/AD r12.0のMUFが稼働しているLPAR区画内に、新たにCA Datacom/AD v14.0を導入しました。
異なるリリース・バージョンのCA Datacom/ADを複数導入した環境において、CAS9プロシジャ(CAIRIM)にてCA Datacom/ADのSVCおよびPC(Program Call)の各ルーチンをロードする設定方法について教えてください。

Environment

OS: z/OS

Resolution

CA Datacom/ADのデータベースへリクエスト処理するための準備として、CAS9プロシジャ(CAIRIM)により、CA Datacom/AD r12.0まではSVCルーチンを、CA Datacom/AD v14.0からはPC(Program Call)ルーチンをロードする必要があります。
1つのローカルLPAR区画内でのCAS9プロシジャ(CAIRIM)にて、異なるリリース・バージョンのCA DatacomADのSVCおよびPCの各ルーチンをロードする設定方法については、添付のドキュメント(ファイル名:CA_Datacom_AD_Installing_two_different_versions_of_SVC_and_PC_with_CAIRIM.pdf)から設定例をご覧ください。

注:ダウンロード・ファイルの名前について
       ファイル名の先頭には自動採番された管理番号が付加されています。

Attachments

1576019599809__CA Datacom AD_Installing two different versions of SVC and PC with CAIRIM.pdf get_app