CA Datacom/AD:誤ってCAIENFデータベースを作成しました。 そのエントリの削除方法について教えてください

book

Article ID: 141514

calendar_today

Updated On:

Products

CA DATACOM - AD

Issue/Introduction

他のCA製品で使用しているCA Datacom/ADのMUF環境に、誤ってCAIENFデータベースを作成しました。
そのエントリの削除方法について教えてください。

Environment

OS: z/OS

Resolution

ローカルLPAR内において、既に他のCA製品(CA 11, CA Scheduler等)で使用しているCA Datacom/ADのMUF環境が存在する場合、別のMUF環境を構築してCAIENFデータベースを作成します。
その理由としては、例えば、他のCA製品で問題が発生してMUFの停止が必要となった場合、ENFでのEVENT 発行要求の処理が行えずに影響します。したがって、ローカルLPAR内ではCA Datacom/ADを使用する各CA製品毎にMUF環境を構築する必要があります。

CA Common Services(以下CCS)のサンプルJCLライブラリ(※)より、以下のメンバーを実行することでCAIENFデータベースのエントリを削除します。
・CADB003 : CAIENFデータベースのDD定義を削除
・CADB004 : CAIENFデータベースのCXXカタログを削除
・CADB005 : CAIENFデータベースのデータセットを削除

(※)各CCSリリース・バージョンのライブラリに上記の各メンバーが存在しています。
CCS r12.0   : Prefix.CAIJCLライブラリ
CCS v14.0以降 : Prefix.CAW0JCLライブラリ