ALERT: Some images may not load properly within the Knowledge Base Article. If you see a broken image, please right-click and select 'Open image in a new tab'. We apologize for this inconvenience.

CA Datacom/AD:CXXファイル内の情報をレポートする⽅法はありますか?

book

Article ID: 141490

calendar_today

Updated On:

Products

DATACOM - AD

Issue/Introduction

全データベースに対するディレクトリ情報・コントロール情報・キーやテーブル等の定義情報を登録しているCXXファイル内の情報をレポートする方法はありますか?

Environment

OS: z/OS

Resolution

CA DatacomのDBUTLTYユーティリティのCXXレポート機能を使用すると、CXXファイル内に登録されている以下のようなデータベースに関する情報を確認することができます。

(例えば)
-DBIDやAREA名
-スペース利用状況
-インデックス・エリア(IXX)やデータ・エリア(AREA)のデータセット名

【実行JCL】(INSTJCLライブラリ内のサンプルJCLメンバ:v14はAD14CXXR、v15.xはAD15CXXR)
 //CXXRPT  EXEC PGM=PGM=DBUTLTY,REGION=6M,PARM='/PGMMONTH=1'
 //STEPLIB  DD DSN=plefix.ad.CUSLIB,DISP=SHR
 //         DD DSN=plefix.ad.CAAXLOAD,DISP=SHR
 //CXX      DD DSN=plefix.ad.CXX,DISP=SHR
 //SYSPRINT DD SYSOUT=*
 //SYSIN    DD *
 REPORT AREA=CXX,TYPE=A ←スペース利用状況レポートの作成
または
 REPORT AREA=CXX ←標準ディレクトリ(CXX)レポートの作成

各レポートの結果サンプルについては、添付のドキュメント(ファイル名:Sample_of_DBUTLTY(CXX_report)_1.0.pdf)をご覧ください。

注:ダウンロード・ファイルの名前について
       ファイル名の先頭には自動採番された管理番号が付加されています。

 

Attachments

1575947863502__Sample of DBUTLTY(CXX report)_1.0.pdf get_app