JTEC000821 : OPSMVSでAOFルールを起動する⽅法について教えてください。

book

Article ID: 140621

calendar_today

Updated On:

Products

CA OPS/MVS Event Management & Automation

Issue/Introduction

AOFルールの起動⽅法について教えてください。

Environment

Release : ALL

Component: OPSMVS

Resolution

AOFルールはENABLEされない限り、単にルールセットにメンバー登録されているだけの扱いでしかありません。
つまりENABLEされることで起動された状態となり、事象が発⽣するとルール処理が実⾏されます。
(停⽌(DISABLE)については、 JTEC000822をご参照ください。)

<AOFルールのENABLEについて>
AOFルールは次の3つの⼿段でENABLEできます。
(1)AUTO ENABLE  : AOFルール単位に、予めAUTO ENABLEをセットしておくことで、OPSMVS起動時に⾃動的にENABLEされます。 
(2)⼿動 ENABLE  : SYSVIEWやOPSMVSを利⽤して、TSOから⼿動でENABLEできます。 
(3)動的 ENABLE  : AOFルールまたはOPS/REXXプログラムから、ADDRESS AOFのENABLEコマンドを利⽤して、任意のAOFルールを動的にENABLEできます。

<ご参考:コマンド構⽂>
 ADDRESS “AOF”   “ENABLE” [ ruleset [, rule ] ] 


<ご参考:ENABLEのためのコマンドサンプル>
 )CMD ENABLE                   
 )PROC                         
 ADDRESS AOF                  
  "ENABLE" user.ruleset,rule 
 RETURN ACCEPT

※ サンプルルールですので、ご利⽤にあたりましては⼗分な動作確認をお願いします。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC000821

CA OPS/MVS IIのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002336 : CA OPS/MVS II FAQ一覧表