CA Datacom/AD FAQ一覧表

book

Article ID: 136171

calendar_today

Updated On:

Products

CA DATACOM - AD

Issue/Introduction

CA Datacom/AD FAQ一覧表です。文章内のJTECnnnnnn部分をクリックすることで目的の技術文章が表示されます。

Environment

OS : z/OS

Resolution

CA Datacom/AD FAQ一覧表です。以下のリンクから各技術文章に移動できます。

以下の番号を選択してください。

 

CA Datacom/AD FAQ一覧表

 1.JTEC001072:製品概要について教えてください (Article Id: 141362)
 2.JTEC001073:日本語でのインストール手順書はありますか? (Article Id: 141365)
 3.JTEC001074:サンプルJCLに存在するISREDIT CHANGEマクロを組み込んだメンバについて、どのような利用方法がありますか? (Article Id: 141366)
 4.JTEC001075:いくつかのCAプロダクトにバンドルされているCA Datacom/ADを使う場合、LMPキーは必要ですか? (Article Id: 141479)
 5.JTEC001076:MUFのタスクの正常な起動および停⽌を確認するメッセージについて教えて下さい (Article Id: 141481)
 6.JTEC001081:現在稼働しているバージョンを知る⽅法はありますか? (Article Id: 141483)
 7.JTEC001082:リリース情報やメンテナンス情報などの資料は、どこを確認すればよいですか? (Article Id: 141484)
 8.JTEC001083:CICSが導⼊されていない環境に導⼊する⽅法を教えてください (Article Id: 141485)
 9.JTEC001084:既に起動しているMUFの後に、別のMUFを起動したところU0004アベンドで失敗しました (Article Id: 141486)
10.JTEC001085:データベースとして使用するCAプロダクトについて、DBIDやデータベース名を確認できる資料はありますか? (Article Id: 141487)
11.JTEC001086:クイック・アップグレードするとき、マイグレート対象のCAプロダクトのDBIDはどのように扱いますか? (Article Id: 141496)
12.JTEC001087:クイック・アップグレードでCXXへのカタログ処理を実⾏したとき、DDRTVC0018エラーで失敗しました (Article Id: 141497)
13.JTEC001092:CXXファイル内の情報をレポートする⽅法はありますか? (Article Id: 141490)
14.JTEC001093:現行の稼働環境について、別環境へ複製する方法はありますか? (Article Id: 141498)
15.JTEC001094:データベースを構成するエリアの再編成⽅法について教えてください (Article Id: 141492)
16.JTEC001095ータベースを構成するエリアの拡張⽅法について教えてください (Article Id: 141494)
17.JTEC001096:MUF配下のジョブのステータスを確認する方法はありますか? (Article Id: 141500)
18.JTEC001097:データベース更新処理を行った後、CXXレポートに更新前後のレコード件数の増減分が正しく反映されません (Article Id: 141501)
19.JTEC001098:MUFを停止させることなく、特定のロード・モジュールをMUFのアドレス空間にコピーすることができますか? (Article Id: 141502)
20.JTEC001099:MUFのアドレス空間にロードされている特定のロード・モジュールの内容を確認することができますか? (Article Id: 141503)
21.JTEC001101:DBUTILTYユーティリティでDEFRAG機能は、どのような用途で使用しますか? (Article Id: 141504)
22.JTEC001102:ディレクトリ名(CXX NAME)を変更する方法について教えてください (Article Id: 141505)
23.JTEC001103:CXXのバージョンを確認する方法はありますか? (Article Id: 141506)
24.JTEC001106Prefix.CAAXLPAライブラリは、どのような目的で使用しますか? (Article Id: 141508)
25.JTEC001107:リリース12.0以降の導⼊したライブラリ名称で、Prefix.CAILIBとPrefix.CAIMACの新しい名称は何ですか? (Article Id: 141509)
26.JTEC001110:CAIENFデータベースの導⼊⽅法について教えてください (Article Id: 141512)
27.JTEC001111:誤ってCAIENFデータベースを作成しました。 そのエントリの削除方法について教えてください (Article Id: 141514)
28.JTEC001112:PAX処理でのインストール作業にて、UNZIPJCLメンバーをz/OSデータセットにコピーする⽅法を教えてください (Article Id: 141515)
29.JTEC001113:プログラム・ルーチンをロードする時、CAS9140Eエラーで失敗しました (Article Id: 141516)
30.JTEC001114:プログラム・ルーチンをロードする時、DB90155Eエラーなどで失敗しました (Article Id: 141517)
31.JTEC001115:データベースをOPEN中に、インデックスまたはデータ・エリアのサイズを拡張することは可能ですか? (Article Id: 141518)
32.JTEC001117:バージョン14.0のインストールで、DBSYSIDマクロをアセンブルするとRC=1で返されました (Article Id: 141519)
33.JTEC001118:SIMPLIFYモードで稼働するMUF環境にて、CXX(ディレクトリ・ファイル)のCXX名を変更する方法について教えてください (Article Id: 141520)
34.JTEC001119:SIMPLIFYモードで稼働するMUF環境にて、LXX(ログ・ファイル)を拡張する方法について教えてください (Article Id: 141521)
35.JTEC001120:MUFをSTCジョブとして起動する場合、雛形となるようなMUF起動プロシージャは提供されていますか? (Article Id: 141524)
36.JTEC001121:MUF稼働中にDBUTLTYユーティリティを使⽤して、最新データのバックアップを取得することができますか? (Article Id: 141525)
37.JTEC001122:CA Common Servicesをリリースアップ後にMUFを実⾏した時、DB18006Cエラーを出⼒しました (Article Id: 141527)
38.JTEC001124:データベースのデータセットを新規で作成するとき、どのくらいのサイズまで割当てることができますか? (Article Id: 141528)
39.JTEC001125:MUFを起動した時、DBリターン・コード43(002)で失敗しました (Article Id: 141530)
40.JTEC001126:DEVSUPxxシステムパラメータのNON_VSAM_XTIOT(YES|NO)の設定で考慮すべきことが有りますか? (Article Id: 141531)
41.JTEC001127:CAMASTERアドレス空間を初期化する時に、CAMS321Eで失敗しました (Article Id: 141532)
42.JTEC001128:CAプロダクトのデータベースを使⽤中に、DBリターン・コード69(71)を出⼒しました (Article Id: 141533)
43.JTEC001129:⼗分な空スペースがあるデータ・エリアへのロード中に動的拡張が行われました。何故、データ・エリアの拡張が行われたのでしょうか? (Article Id: 141534)
44.JTEC001130:MUFを起動した時、DBリターン・コード46(46)で失敗しました (Article Id: 141535)
45.JTEC001131:データベースのエリアがいつバックアップされ、どのような機能が使用されたかを調べることはできますか? (Article Id: 141536)
46.JTEC001133:MUFを起動した時、DB01909EおよびDB01911Eエラーで失敗しました (Article Id: 141537)
47.JTEC001134:DBSIDPRロード・モジュールからDBSYSIDマクロに設定したオプションをリストする⽅法がありますか? (Article Id: 141538)
48.JTEC001135:コンソールから”STOP muf jobname”または”P muf jobname”のコマンドでMUFを終了させることができますか? (Article Id: 141539)
49.JTEC001136:JCLで指定しているPrefix.CUSMACライブラリ内のPDSメンバーが存在しません。このPDSメンバーはどこに存在していますか? (Article Id: 141540)
50.JTEC001137:データベースのマイグレーションJOB(AXPOR01)の実⾏において、DDRTVC0018エラーで失敗しました (Article Id: 141541)
51.JTEC001138:データベースのマイグレーションJOB(AXPOR01)の実⾏において、DDRTVC0035エラーで失敗しました (Article Id: 141542)
52.JTEC001139:データベースのマイグレーションJOB(AXPOR01)の実⾏において、DDRTVC0019エラーで失敗しました (Article Id: 141543)
53.JTEC001140:PCルーチンがロードされていることを検証する方法はありますか? (Article Id: 141607)
54.JTEC001141:MUFを起動した時、DBリターン・コード83(80)で失敗しました (Article Id: 141608)
55.JTEC001142:異なるリリースを導⼊したMUF環境にSVCとPCの各ルーチンをロードする設定⽅法について教えてください (Article Id: 141610)
56.JTEC001143:バージョン14.0の導⼊から提供されているPrefix.CAAXXMLライブラリは、どのような目的で使用しますか? (Article Id: 141611)
57.JTEC001144:MUFを起動した時、DB00903Iメッセージを出力しました (Article Id: 141614)
58.JTEC001145:SYSPLEX内の複数MUFシステム間において、もし同じMUFを2回起動させると、どのような仕組みで保護しますか? (Article Id: 141615)
59.JTEC001146:CAMASTERアドレス空間の初期化で失敗していた場合、MUFの処理に対して、どのような影響がありますか? (Article Id: 141616)
60.JTEC001147:DBSIDPRモジュールをアセンブルをすると、リターン・コードが12で失敗しました (Article Id: 141617)
61.JTEC001148:DBUTLTYを実⾏すると、DB10059Eエラーで失敗しました (Article Id: 141619)
62.JETC001149
:CXX(ディレクトリィファイル)をバージョン14.0からリリース11.0へフォールバックすると、DB10047Eエラーで失敗しました (Article Id: 141622)
63.JTEC001150:DBUTLTYのAUTOINFO機能とは、どのような機能でしょうか (Article Id: 141624)
64.JTEC001151:ENF PLANをインポートするDDTRSLMを実行すると、DDTRS0016Eエラーで失敗しました (Article Id: 141625)
65.JTEC001152:データベースのテーブルへのアクセスのテストを行いたいです。何かユーティリティなどありますか? (Article Id: 141627)
66.JTEC001153:EAV(Extended Address Volumes:拡張アドレスボリューム)をサポートしますか? (Article Id: 141628)
67.JTEC001154:MUFを起動した時、DB13108Eエラーで失敗しました (Article Id: 141629)
68.JTEC001155:エリアのスペース利⽤状況で特定のスペース使⽤率(%)に達したときに、MUFは警告メッセージを出⼒することができますか? (Article Id: 141631)
69.JTEC001156:まだ処理中のジョブがあるMUF稼動下でEOJリクエストを要求した場合、どのような影響がありますか? (Article Id: 141632)
70.JTEC001157:リリース12.0以降では、MUF⽤とデータ・スペース用の起動プロシジャを2つに分ける必要がありますか? (Article Id: 141633)
71.JTEC001158:MUFを起動した時、DBリターン・コード60(146)で失敗しました (Article Id: 141635)
72.JTEC001159:RRSバッチ・ジョブの実⾏でDB01801Eエラーで失敗しました (Article Id: 141636)
73.JTEC001160:SIMPLIFYモードで稼働するMUF環境を別LPARに移⾏後、起動するとDB00912Eエラーで失敗しました (Article Id: 141637)
74.JTEC001161:CXX(ディレクトリ・ファイル)に設定された保護モードの状態(LOCAL⼜はSYSPLEX)を確認する方法はありますか? (Article Id: 141638)
75.JTEC001162バージョン14.0へアップグレード後、CXXレポートのヘッダ部の日付・時間がスペース表示される (Article Id: 141639)
76.JTEC001163:あるデータベースにアクセスすると、DBリターン・コード88(85)で失敗しました (Article Id: 141640)
77.JTEC001164:バージョン14.0へアップグレード後、EXTBKUP機能を実行でDB13001Eエラーで失敗しました (Article Id: 141641)
78.JTEC001165:DDTRSLMの実⾏でリターン・コード4061が返りました (Article Id: 141642)
79.JTEC001166:リリース11.0のMUF環境からバージョン14.0以降のMUF環境へマイグレーションを実施するに際に、留意点などありますか? (Article Id: 141643)
80.JTEC001167:アップグレード前のMUF環境へフォールバック実行すると、DBリターン・コード56(001)で失敗しました (Article Id: 141645)
81.JTEC001168:バージョン14.0では、まだCA-C Runtime機能を必要としますか? (Article Id: 141646)
82.JTEC001169:VARIABLEフォーマット化したLXXを使用してMUFを起動すると、DBリターン・コード60(147)で失敗しました (Article Id: 141647)
83.JTEC001170:エリアを別ボリュームに移す⽅法について教えてください (Article Id: 141648)
84.JTEC002434:エリアのデータセット名を変更する⽅法について教えてください (Article Id: 141649)
85.JTEC002782:CAS9プロシジャを実行すると、DBRIMPRモジュールなしでS806アベンドしました 
(Article Id: 188099)
86.JTEC002783:CAS9プロシジャを実行すると、IEC130Iメッセージを出力しました (Article Id: 188186)
87.JTEC002784:CA Common Services 15.0は、CA Datacom/ADのどのリリースと連携しますか? (Article Id: 188101)
88.JTEC002785:MUFを起動した時、DB01601Eエラーを出⼒しました (Article Id: 188190)
89.JTEC002786:PTF適用でSMP/E GIM54701E/GIM28307E ALLOCATION FAILED FOR SREVHFSnエラーが出力しました (Article Id: 188302)
90.JTEC002787:バージョン15.xのロードライブラリは、PDSE形式である必要がありますか? (Article Id: 188306)
91.JTEC002790:MUFを起動した時、DB00270Wメッセージを出力しました (Article Id: 188416)
92.JTEC002791:MUFを起動した時、DB01933IまたはDB01904Iメッセージを出力しました (Article Id: 188417)

93.JTEC002792:ENF PLANをインポートするAW1IMPRTジョブを実行すると、SQL -117エラーで失敗しました (Article Id: 188519)
94.JTEC002793:CA Common Services 15.0から14.1へフォールバックするとき、ENF PLANへの考慮が必要ですか? (Article Id: 188520)
95.JTEC002794:ENF MUFを起動した時、CAS9203Eエラーで失敗しました (Article Id: 188522)
96.JTEC002795:インポートしたENF PLANを一覧表示する方法はありますか? (Article Id: 188523)
97.JTEC002796:データベースのマイグレーションJOB(AXPOR01またはAXPOR02)の実行において、DDRTVT0003エラーで失敗しました (Article Id: 188531)
98.JTEC002797:MUFを起動した時、DBリターン・コード56(001)で失敗しました (Article Id: 188532)

99.JTEC002798:MUFを起動した時、DBリターン・コード76(013)で失敗しました
 (Article Id: 188629)
100.JTEC002799:Active MUFアップグレードとは何ですか? (Article Id: 188643)