search cancel

DataDirect ODBCドライバーのトレース情報 に時刻を出力させる設定について

book

Article ID: 134929

calendar_today

Updated On:

Products

SITEMINDER

Issue/Introduction

UNIX/Linux 版Policy Serverでポリシーストア、ユーザストアにデータベースを使用する場合、DataDirect ODBCドライバーを使用します。

Policy Serverとデータベース間のトランザクションについてトラブルシューティングする場合、DataDirect ODBCドライバーのトレース情報を出力することができます。トランザクションの時刻(タイムスタンプ)はオプション指定となります。

Environment

Release: r12.5x or later

Component:SMPLC

Resolution

設定ファイルsystem_odbc.iniで以下の指定を行います。変更後はPolicy Serverを再起動します。

• Trace=1でトレースを有効にします.

• TraceOptions=3でタイムスタンプを出力します.

補足:値3は行単位でタイムスタンプ、親プロセスID、プロセスIDを出力します。


設定ファイル: <siteminder>/db/system_odbc.ini


設定箇所:

[ODBC]

Trace=1

TraceFile=/opt/CA/siteminder/db/odbctrace.out

TraceDll=/opt/CA/siteminder/odbc/lib/NStrc27.so

InstallDir=/opt/CA/siteminder/odbc

TraceOptions=3


出力例抜粋(odbctrace01.out):

2017-03-15 06:45:24.699529 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: ENTER SQLFree-Handle

2017-03-15 06:45:24.699529 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: SQLSMALLINT 2 <SQL_HANDLE_DBC>

2017-03-15 06:45:24.699529 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: SQLHANDLE 0x9a10310

2017-03-15 06:45:24.699610 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: EXIT SQLFree-Handle with return code 0 (SQL_SUCCESS)

2017-03-15 06:45:24.699610 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: SQLSMALLINT 2 <SQL_HANDLE_DBC>

2017-03-15 06:45:24.699610 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: SQLHANDLE 0x9a10310


Additional Information

この情報は、サポートオンラインに掲載されている以下のナレッジベースを翻訳したものです。

Article Id: 54489 - Is it possible to get timestamps in the ODBC trace file for UNIX systems?