search cancel

CA JCLCheck : !JCKを実行時した際に、"=NOTE="で表示される情報を抑止することは可能ですか?

book

Article ID: 134882

calendar_today

Updated On:

Products

JCLCheck Workload Automation

Issue/Introduction

!JCKを実⾏した際、==MSG> で表⽰される情報の他に、=NOTE=で表⽰される情報が出⼒されることがあります。
これを抑⽌することは可能ですか?

Environment

Release:ALL
OS: z/OS

Resolution

PREVEXオプションをご利⽤いただくことで可能です。
このオプションを利⽤いただいた場合には、プロシージャを展開したチェックは⾏わず、置換前後のパラメータ情報はメッセージ出⼒しません。
なお、PREVEXオプションはRUNTIMEオプションおよびAUTOPROCオプションとの併⽤はできず、NORUNTIMEおよびNOAUTOPROCの指定が
必要となりますのでご注意ください

<ご参考>
通常CA JCLCheckは、プロシージャを展開して検証します。その際、JCL内の置換パラメータについても検証します。
置換パラメータに対してメッセージを出⼒する場合、以下の例のように置換後のパラメータを ==MSG>で表⽰すると同時に、置換前パラメータを
=NOTE=で表⽰します。

=NOTE= XXSMPPTFIN DD &PTF.DSN=CAI.SMPMCS,DISP=OLD,UNIT=(&TAPE,,DEFER),
==MSG> SUBST JCL - DSN=CAI.SMPMCS,DISP=OLD,UNIT=(CART,,DEFER),
=NOTE= XX VOL=(PRIVATE,SER=&TAPVOL),
==MSG> SUBST JCL - VOL=(PRIVATE,SER=J6B000),
=NOTE= XX LABEL=(&FILE,SL),DCB=DEN=4
==MSG> SUBST JCL - LABEL=(32,SL),DCB=DEN=4
==MSG> CAY6077E NO ""CART"" UNITS ARE AVAILABLE FOR ""J6B000""

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC000565

CA JCLCheckのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA JCLCheck FAQ一覧表