search cancel

CA JCLCheck : DSNERRオプションについて教えてください。

book

Article ID: 134869

calendar_today

Updated On:

Products

JCLCheck Workload Automation

Issue/Introduction

DSNERRオプションについて教えてください。

Environment

Release:All
OS: z/OS

Resolution

CA JCLCheckは存在しないデータセットに対してCAY6079Eメッセージを出⼒します。
そして、煩雑なメッセージ出⼒を抑⽌することを⽬的として、これら存在しないデータセットが
重複して指定されていた場合は、重複指定部分にはこのメッセージは出⼒されない仕様になっています。
全てのCAY679Eメッセージの出⼒を望まれる(重複指定部分への出⼒を抑⽌しない)場合には、DSNERR
オプションを指定することで可能です。

<サンプルJCL>
DSNERRを指定しない場合は、①に対してのみCAY6079Eが出⼒されます。
DSNERRを指定した場合は、①・②両⽅にCAY6079Eが出⼒されます。

//STEP1    EXEC PGM=IEBGENER
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//SYSUT1   DD DISP=SHR,DSN=******.DATASET  ①存在しないデータセット
//SYSUT2   DD SYSOUT=*
//SYSIN    DD DUMMY
//*
//STEP2    EXEC PGM=IEBGENER
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//SYSUT1   DD DISP=SHR,DSN=******.DATASET   ②存在しないデータセット(STEP1と同⼀データセット)
//SYSUT2   DD SYSOUT=*
//SYSIN    DD DUMMY
//*

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC000558

CA JCLCheckのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA JCLCheck FAQ一覧表