search cancel

CA JCLCheck : !JCKコマンドを実行したところ、CAY6164SもしくはCAY6390メッセージが出力されました。

book

Article ID: 134745

calendar_today

Updated On:

Products

JCLCheck Workload Automation

Issue/Introduction

CA JCLCheckを新しいz/OS環境にて、EDCHEK機能(!JCKコマンド)を実⾏したところ、CAY6164SもしくはCAY6390メッセージが出⼒されました。
この原因と対応方法について教えて下さい。

Environment

Release:All
OS: z/OS

Resolution

SYS1.PARMLIB(IKJTSOxx)にプログラムCAZ2CTSO(AUTHTSFセクション)及びJCLCHECK(AUTHCMDセクション)を登録しているかどうかを確認して下さい。
⼜、CA JCLCheckのロード・モジュール(※)をAPF登録しているか確認して下さい。

同ロード・モジュールをLINKLIST登録しておらず、ログオン・プロシージャのSTEPLIB DDに指定している場合は、STEPLIB DDにコンカチしている
他のロード・モジュールも全てAPF登録しないといけない事にご注意下さい。

※各バージョンによって格納先ライブラリーが違います。
R7.1 :prefix.CAILIB
R11.0:prefix.CAILOAD
R12.0:prefix.CAZ2LOAD

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:JTEC000534

CA JCLCheckのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認下さい。

CA JCLCheck FAQ一覧表