search cancel

BulkLoader Client実⾏時に出⼒されるログのロールオーバー⽅法

book

Article ID: 134721

calendar_today

Updated On:

Products

CA Identity Manager

Issue/Introduction

BulkLoader Client実⾏時に出⼒されるログ(imbulkloadclient.log)をロールオーバーすることができますか。

Environment

Release: Any
Component: Identity Manager

Resolution

以下のファイルを編集し、パラメータの変更を⾏ってください。
C:\Program Files (x86)\CA\Identity Manager\Bulk Loader\conf\imbulkloadclient_logging.properties


初期値
java.util.logging.FileHandler.append = true
java.util.logging.FileHandler.count = 1

BulkLoader Client実⾏時にimbulkloadclient.logにログが追記されます。


変更後
java.util.logging.FileHandler.append = false
java.util.logging.FileHandler.count = 10

BulkLoader Client実⾏時にログがロールオーバーされ、10世代のログが保存されます。
(countパラメータを保存したいログの世代数に変更してください。)


BulkLoader Client実⾏時にimbulkloadclient.log.0が作成され、1世代前のログは. imbulkloadclient.log.0から. imbulkloadclient.log.1に変更されます。
他の世代のログも同様に変更され、11世代⽬となるログが削除されます。

ロールオーバー設定後のログの出⼒例:
imbulkloadclient.log.0
imbulkloadclient.log.1
imbulkloadclient.log.2