search cancel

CAGen : PTF GEN65210 及び SP3 適用後の注意事項

book

Article ID: 134569

calendar_today

Updated On:

Products

Gen

Issue/Introduction

PTF GEN65210を適用後にウィンドウマネージャを再生成する場合には下記の手順が必要です。

Environment

Release:  AllFusion Gen 6.5

PTF: GEN65210 または Service Pack 3

Resolution

HTMLディレクトリ内に生成された<ビジネスシステム>.cssファイルは、このPTFを適用後、当該ウィンドウマネージャを再生成する前に削除しておく必要があります。

HTMLディレクトリ内に既に生成された<ビジネスシステム>..cssファイルが存在していると、再生成の時にこのファイルは新しいファイルと置き換えられないためです。

 

*もし、<ビジネスシステム>.cssファイルをカスタマイズしている場合には、バックアップをおとりいただき、PTF適用後再生成された新しい<ビジネスシステム>.cssファ イルを再度カスタマイズしてご使用願います。

 

またこのPTF GEN65210はService Pack 3(SP3) にも含まれているため、該当するファイルが存在する場合には、SP3適用後もこの手順が必要です。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC001744

CA Genのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Gen FAQ一覧表