search cancel

CA Gen : 「スレッドセーフ」機能について

book

Article ID: 134558

calendar_today

Updated On:

Products

Gen

Issue/Introduction

Advantage Genは、IBM CICS v1.3 の新たな「スレッドセーフ」機能をサポートしますか?

Environment

Release:  Advantage Gen 6.5

Resolution

Advantage GenとIBM CICS/TSスレッドセーフの「Concurrency」オプションについて:

 

IBM社はCICS/TS v1.3において、Concurrency オプションを導入しました。

これにより、プログラムを「quasirent(準再入可能)」または「threadsafe(スレッドセーフ)」のいずれかで定義することが可能になります。

Advantage GenのCICSランタイムはスレッドセーフでないため、この環境で実行されるAdvantage Genロード モジュールに対しては、このオプションを「quasirent」に設定する必要があります。 このように設定しないと、Advantage Genロード モジュールはさまざまな0Cxアベンドを起こして失敗する可能性があります。

Advantage Gen 7.0リリースにおいて、この制限を排除するよう開発を進めています。

SAS Cで現在実装されているMVSランタイムは、IBM Cへ変換中であり、スレッドセーフ環境をサポートしない結合ルーチンはすべて置き換えられる予定です。

Advantage Gen 7.0リリースでは、スレッドセーフ機能のConcurrencyオプションを使ってAdvantage Genロード モジュールを定義できるようになります。

これにより、生成モジュールはアベンドを起こすことなく動作するようになります。 ただし、これらのロード モジュールは依然として、完全なスレッドセーフとして実行されるわけではありません。

これは、Advantage Genランタイムが呼び出す CICS API関数には数多くあり、中にはIBMによってスレッドセーフ対応がなされていないものもあるためです。 したがって、これらのAPIが呼び出されると、アプリケーションは実行中に非スレッドセーフ(準再入可能)操作へと切り替えられることになります。

この切り替え操作は、パフォーマンス全体に悪影響を及ぼす可能性があります。 このことから、依然として「quasirent」が好ましいオプションだといえます。

以下は、Advantage Genが使用するすべてのCICS APIコマンドであり、2003年12月時点で、CICS Transaction Server for z/OS V2R3の『CICS System Programming Reference』または『CICS Application Programming Reference Guides』のいずれにおいてもスレッドセーフ対応とされていないものです。

IBM社によってこれらのAPIコールがスレッドセーフ対応に変換されれば、Advantage Genロード モジュールはスレッドセーフ操作から得られるパフォーマンス メリットを実現できるようになります。

 

EXEC CICS ALLOCATE (APPC)EXEC CICS READ FILE

EXEC CICS ASKTIMEEXEC CICS READNEXT

EXEC CICS CANCELEXEC CICS RECEIVE

EXEC CICS CONNECT PROCESSEXEC CICS RETRIEVE

EXEC CICS CONVERSE (APPC)EXEC CICS RETURN

EXEC CICS DELAYEXEC CICS ROUTE

EXEC CICS DELETE FILEEXEC CICS SEND (APPC)

EXEC CICS DUMPEXEC CICS SEND PAGE

EXEC CICS ENDBREXEC CICS SEND TEXT

EXEC CICS EXTRACT EXIT SYSEXEC CICS SET FILE

EXEC CICS FORMATTIMEEXEC CICS START

EXEC CICS FREE (APPC)EXEC CICS STARTBR

EXEC CICS HANDLE ABENDEXEC CICS SYNCPOINT

EXEC CICS INQUIRE FILEEXEC CICS SYNCPOINT ROLLBACK

EXEC CICS INQUIRE SYSTEMEXEC CICS VERIFY PASSWORD

EXEC CICS INQUIRE TRANSACTIOEXEC CICS WAIT EVENT

EXEC CICS INQUIRE TSQUEUEEXEC CICS WRITE FILE

EXEC CICS ISSUE CONFIRMATIONEXEC CICS WRITEQ TD

EXEC CICS POST

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC001737

CA Genのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Gen FAQ一覧表