search cancel

JTEC001266:CA SMRのISPFパネルからアーカイブされたSYSLOGを参照しようとすると、"DATA ON TAPE"と⾔うメッセージ表示される。対応方法を教えてください。

book

Article ID: 134224

calendar_today

Updated On:

Products

SMR

Issue/Introduction

CA SMRのISPFパネルから仮想テープにアーカイブされたSYSLOGを参照しようとすると、"DATA ON TAPE"と⾔ うメッセージが画⾯の右上に出⼒されて
SYSLOGを表⽰させることができません。この事象は、z/OSのアップグレードに伴って、いくつかのPTFを適⽤した後に発⽣しています。
PTFを適⽤する前までは、正常に表⽰されていました。

以前と同じようにSYSLOGを表⽰させるには、どのようにすれば良いでしょうか。

Environment

Release   : 3.4
Component : CA-Syslog Management & Retrieval

Resolution

この事象は、SCNWAITパラメータを機能拡張するPTF:QO74438(※)の適⽤によるもので、TSOのMOUNT属性の有無に関わらず"DATA ON TAPE”をISPFパネル右上に
発⾏するように変更しています。アーカイブテープのマウント要求をPTF適⽤前と同様に⾏うことを望まれる場合には、prefix.PPOPTION(PL34OPTN)内にSCNWAIT=Y
を指定してください。(SCNWAITのデフォルトは"N"です)

※QO74438について
  TSOユーザーが参照したいSYSLOGがアーカイブテープに格納されていた場合は、TSOの MOUNT属性が付加されていると無条件にアーカイブテープのマウント要求を
  ⾏っておりました。  そのため、TSOユーザーはテープがマウントされるまで端末操作が⾏うことができませんでした。
  今回の機能拡張で、TSOのMOUNT属性の有無に関わらず"DATA ON TAPE”をISPFパネル右上に発⾏することに よって、TSOユーザーは端末操作が可能になりました。 

  この機能はSCNWAITパラメータに"N"(デフォルト)が指定されているときに有効です。

   なお、アーカイブテープにあるSYSLOGを参照する場合には、バッチ処理のCAPLSCANを利⽤することでSYSLOGを出⼒することができます。
   この変更の詳細については、添付のQI74451(ファイル名:QI74451.pdf)をご覧ください。(注1)


ご参考:
SCNWAIT=Yを設定しても、まだ ”DATA ON TAPE”が表示される場合には、対象TSOユーザーの属性が"NOMOUNT"になっていないかを確認してください。
"NOMOUNT”の場合には、"MOUNT"へ変更してください。

確認コマンドの表示例
 ACCOUNT

 L (xxxxxx)                                                                   
    xxxxxx  USER ATTRIBUTES:    OPER  NOACCT    JCL    NOMOUNT    RECOVER  


   注1:ダウンロード・ファイルの名前について
          ファイル名の先頭には自動採番された管理番号が付加されています。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC001266

CA SMRのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。


CA SMR FAQ一覧表

Attachments

1562559060991__QI74451.pdf get_app