search cancel

JTEC001260 : CAPLWTRやCAPLARCHを実行中にU610でABEND対応について

book

Article ID: 134020

calendar_today

Updated On:

Products

SMR

Issue/Introduction

CAPLWTRやCAPLARCHを実行中、以下メッセージが出力された後にU610で異常終了することがあります。

このようなメッセージが出力された原因を調査するには、どのようにすればよいでしょうか?

SMR611I PLRDALSH R/C = 02100000 - DSN = DAILYLOG.SMR09265

SMR610W PLRDALNW - RESOURCE UNAVAILABLE, REPLY 'RETRY' OR 'CANCEL'.

Environment

Release   : 3.4
Component : CA-Syslog Management & Retrieval

Resolution

これらのメッセージは、SMRがファイルにアクセスした際、ダイナミックアロケーションエラーが発生していることを意味します。

確認方法としましては、メッセージコードSMR611IのR/C = nnnnnnnnの部分がエラーの理由コードとなっています。

このコードを確認することで、どのような理由で異常終了したかを判断することができます。

例)

SMR611I PLRDALSH R/C = 02100000 - DSN = DAILYLOG.SMR09265

上記の場合は"0210"が理由コードとなり、この原因は他のジョブで、対象となるデータセットが割り当てられているために利用できないことを示しています。

その他の理由コード抜粋

0204  REAL STORAGE UNAVAILABLE.

0208  NO SPACE AVAILABLE ON SYS1.SYSJOBQE.

020C  REQUEST FOR EXCLUSIVE USE OF A SHARED DATA SET CANNOT BE HONORED.

0210  REQUESTED DATA SET NOT AVAILABLE. ALLOCATED TO ANOTHER JOB.

0214  A DIRECT ACCESS DEVICE IS NOT AVAILABLE.

0218  THE REQUIRED VOLUME WAS NOT MOUNTED ON AN AVAILABLE DEVICE.

021C  INCORRECT UNIT NAME SUPPLIED.

4704  DADSM ERROR: DUPLICATE NAME DSCB.

尚、ダイナミックアローケーションエラー(SVC99)につきましては、IBM社のマニュアルをご参照いただきますようお願いします。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC001260

CA SMRのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA SMR FAQ一覧表