search cancel

JTEC000677 : CA PanvaletライブラリーをDISKからDISKへ移行し、拡張する方法

book

Article ID: 133912

calendar_today

Updated On:

Products

Panvalet

Issue/Introduction

Question

CA PanvaletライブラリーをDISKからDISKへ移⾏し、拡張する⽅法は︖


Environment

Release:ALL

Resolution

Answer

PAN#2の++DUMPでバックアップを取得し、PAN#4の++CLEARで新しく拡張したライブラリーをアロケーション後、PAN#2の++RESTOREでリストアしてください。


①ライブラリーのバックアップを作成する(++DUMP)

//PANVALET JOB type your jobcard

//STEP1 EXEC PGM=PAN#2

//STEPLIB DD DSN=your panvalet loadlibrary,DISP=SHR

//SYSPRINT DD SYSOUT=*

//PANDD1 DD DSN=your panvalet library,DISP=SHR

//PANDD2 DD DSN=your protection file,DISP=(,KEEP),UNIT=CART,

// VOL=SER=VOLUME,LABEL=(1,SL)

//SYSIN DD *

++DUMP

/*

//


PANDD1 - 入力CA Panvaletライブラリー。

PANDD2 - 出力プロテクション・ファイル(DISKでも可能)。

SYSIN - ++DUMPを指定。



②新しいライブラリーを作成する(++CREATE)

//PANVALET JOB type your jobcard

//STEP1 EXEC PGM=PAN#4

//STEPLIB DD DSN=your panvalet loadlibrary,DISP=SHR

//SYSPRINT DD SYSOUT=*

//PANDD1 DD DSN=your panvalet library,DISP=(,CATLG),UNIT=SYSDA,

// VOL=SER=VOLUME,DCB=DSORG=DA,SPACE=(CYL,2)

//SYSIN DD *

++CLEAR RECORDS=nn,DATASETS=nnnnn

/*

//


PANDD1 - 新しいCA Panvaletライブラリー。

SYSIN - ++CLEARを指定。RECORDS=は、1トラックあたりのレコード数を意味し、DATASETS=はライブラリーに格納できるメンバ数を意味します。 また、RECORDS=の値によってライブラリーのBLKSIZEも決定します。

RECORDS=に関しましては、System Management Guide の Block Sizes for Initializing the Libraryをご参照ください。 DISKタイプによってBLKSIZEの値も異なります。



③バックアップよりライブラリーを復元する(++RESTORE)

//PANVALET JOB type your jobcard

//STEP1 EXEC PGM=PAN#2

//STEPLIB DD DSN=your panvalet loadlibrary,DISP=SHR

//SYSPRINT DD SYSOUT=*

//PANDD1 DD DSN=your panvalet library,DISP=SHR

//PANDD3 DD DSN=your protection file,DISP=(SHR,KEEP),UNIT=CART,

// VOL=SER=VOLUME,LABEL=(1,SL)

//SYSIN DD *

++RESTORE

/*

//


PANDD1 - 出力CA Panvaletライブラリー。

PANDD3 - 入力プロテクション・ファイル(DISKでも可能)。

SYSIN - ++RESTOREを指定。


Additional Information

Old Japanese Knowledge Document ID : JTEC000677