search cancel

アラート・計算機が正しく動作しない

book

Article ID: 133708

calendar_today

Updated On:

Products

CA Application Performance Management (APM / Wily / Introscope)

Issue/Introduction

EMで作成されるメトリックについて計算機やアラートが正しく動作しない場合がある。

Environment

Release:


Component:

Resolution

Introscopeで管理するメトリックの中にはAgentから送られたメトリックをもとに、EMで作成しているメトリックがあります。 以下が主なメトリックとなります。


- Backendsメトリックノード内

- Frontendsメトリックノード内

- JSPメトリックノード内

- Servletメトリックノード内

- WebServicesメトリックノード内


例えば、「Backends|orcl localhost-1521 (Oracle DB)」直下にあるメトリックAverage Response Time (ms)はAgentから送られたメトリックBackends|orcl localhost-1521 (Oracle DB)|SQL|.*:Average Response Time (ms)をもとにEMで再計算をして作成されます。 

このようなEMで作成されるメトリックに対し計算機やアラートを実装している場合、メトリックが作成される(初めにデータプロットされる)タイミングでは、計算機やアラートが正しく実行できないことがあります。これは、Agentからのデータ取得、EMでのデータ作成、計算機やアラートのチェックなどの実行順序の仕様によるものとなります。 


Additional Information

◆ 回避策

EMで作成されるメトリックに計算機やアラートを実装するのではなく、元となるメトリックをメトリックグループとして作成し、そのメトリックグループに対し計算機やアラートを実装して下さい。